FC2ブログ
xxx
えっちでセクシーな♂♂にこだわったカオスなレビューやぼやきのエログです。ボーイズラブからゲイビデオまでいろいろ取り上げてますんで適当に踏み分けてね。18禁作品があるのでここも18歳未満は見ちゃだめです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コミック】純情ロマンチカ

 純情ロマンチカ 純情ロマンチカ(2) 純情ロマンチカ (3) 純情ロマンチカ(4) 純情ロマンチカ (5)純情ロマンチカ (6) 純情ロマンチカ (7)純情ロマンチカ 8 (8)

純情ロマンチカ 中村 春菊 (2003/05)
純情ロマンチカ(2) 中村 春菊 (2003/12/01)
純情ロマンチカ (3) 中村 春菊 (2004/06/01)
純情ロマンチカ(4) 中村 春菊 (2004/10/29)
純情ロマンチカ (5) 中村 春菊 (2005/05/02)
純情ロマンチカ (6) 中村 春菊 (2005/11/01)
純情ロマンチカ (7) 中村 春菊 (2006/04/28)
純情ロマンチカ 8 (8) 中村 春菊 (2007/02/01)

小説家×高校生のファースト・ラブレッスン

兄の友人で超有名小説家の宇佐見に、なぜか家庭教師をして貰うハメになった美咲。ところが、訪れた宇佐見の自宅で、兄と宇佐見を主人公にした「ボーイズラブ小説」を見てしまい…!?

王道も好きだし、BL大好き。
だったら読むしかないでしょ、と思ったもののハズした感のあるこれ。

なんにせよ、どっぷり浸って出されたモエを何倍にも膨らませて味わえばお得だろう、という貧乏性な性分。
なのに、前評判も高く、BLのセオリーなこれになぜ萌えられなかった?と敗因を考えてみることにしました。

この漫画全体の構成は複数主人公(カップル)から成り立っています。(登場人物がほぼ男×男カップル)
個人的にどっぷり浸るなら、視点が動かない方が好み。この辺で、すでに溝ができつつあり敗因その1。

純情ロマンチカ、純情エゴイスト、純情テロリストとそれぞれちょっとずつリンクしながら、別のカップル物語が作られています。それを同時進行させるので、どこに集中していいのかわかりません。
時間軸の移動は自体は、それが難しいとされる小説であっても、ハマれば好きな表現方法です。
ですが、この漫画では行ったりきたりの時間がバラつきズレがあったのが、自分的に集中できない原因だった気がします。
差し込まれるエピソードが日常の出来事アレコレなので、次まで持ち越すほど前の話にインパクトがなかった。(自分の記憶力の問題もあるけど・・)

そして敗因その2。
主軸になっていると思われる、表題「純情ロマンチカ」の設定が(官能)小説家×学生という時点でなんだかいや?な予感はしていました。
小説家or漫画家×?という設定には必ず編集という存在が出てきます。
そして、その編集以外とカップリングするなら、編集は協力者になる確立が高い。・・・読む前から先が読める!
必ず編集者は美人でパーフェクトなで攻めに近い存在で、ライバル出現と思わせて実は応援してくれる腐女子!(←と頭にあった)
このパターンが苦手。
BLに出てくる腐女子(もしくはニューハーフ)の都合良く主人公の嫉妬心を掻立て、実は協力者になって話を進めるキャラがうさんくさくて好きではないので、よっぽどじゃないかぎり地雷。BL負け人生です。

そして敗因その3が、攻めがパーフェクト人間に見えて実は欠陥ありで、平凡な受けを「なぜか」溺愛するパターンもあまり得意ではなく、少女漫画を男に置き換えた状態っていうのも苦手・・・。なぜかってのが納得できて、なおかつ共感できないと入り込めない。

このあたりが敗因だと思われます。

たぶん純愛モードが入ってないだけで、そういうピュアな気分の時に読んだらとっても共感できると思います。今の自分があまのじゃくモードなんでひねくれてるだけのな気もします。

いろいろ勝手なことを言ってますが、話自体は個別の盛り上げ所もあり、場面転換のキメセリフが巧いので、どっぷり浸っていれば心臓わしづかみにされるはず。
俺様攻めややんちゃ受け年下下克上にツンデレ素直クール無自覚お色気など、若くで教授や助教授になれちゃう実はスゴいんです系バブリーキャラが豊富なのも特徴。
それぞれに個性豊かなキャラが出てきて、ジャニーズやモーニング娘。を思わせる。これだけいればどこかに好みがいるだろ的バラエティに富んだなキャスティング。

正直絵柄は苦手なのですが、物語が良ければガゼン輝いて見える性質で問題なし。少女漫画風BLが好きならとってもストライクだと思われるので、はまればはまると思います。

まあ、エッチシーンがどうなってんの?ってのはBLなので深く追求してはイケナイのでしょう。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/06(火) 12:53:05 | | #[ 編集]
再チャレンジありがとうございます!!
ショックですよね。同じ事をよくやります。記事でも何でも。

いやいやいや、これ否定したら怒られるかとちょっとビクビクでした(笑)
結構前に読んだのだったのですが、どうして?と疑問が持ち上がり、感想は好きにしていいだろうとやっちゃいましたが、ポイントが似ててホッとしいました。(自分だけじゃ無かったんだ…!)
赤レンジャーより青レンジャー派なのかもです。
お友達の人とも合いそうw猫さんとってもOKなんで!
エゴイストは結構好きで、どうせなら別物で読みたかったです。テロリストは受けがダメだったんですよ~。
話のリンクはいいんですが、つなぎが行き当たりばったり過ぎだった気がします。もっとうまく繋げたはずと思わずにいられません。
そちらのブログ行ったことがありました!まだ中身はしっかり見ていなかったのですが、ちょこちょこっとお邪魔していたブログが参加されていたこともあり、面白い企画だなーと見ていました。
これのゲイビバージョンもみたいなぁ!いつか自分バージョンやってみたいです。なかなか雑食趣味の方と出会えませんが~。

「窮鼠はチーズの~」は気になっていて、お聞きしたかったんです。そっか、なるほどと、参考になりました。ありがとうございます。そう聞いてもやっぱり自分でも確かめてみたい!先になるかもわかりませんが、ゲットしたいです。

あ、お聞きしたかったのってまだいくつかあったんです。剛さんの花扇とか…どこも売ってなくて、お聞きしてみたかったんです。

思わずウンウンと頷いてしまうコメントでついお話ししている気分になっちゃっていつもスミマセン。前のコメントとか酷かったと反省です。なんかこう、お酒でも飲みながら時間制限なしでグダグダやってみたいないようです(笑)

ファンタジーに関しても同じように思います。これに関してはオールカマーじゃないのはその辺にあります。
最近の少女漫画もスゴいらしいですね。そっち系のお仕事の人に聞いてびっくりしました。そりゃ、BL雑誌にゲイビデオのDVDが付きます。
新刊チェックができないので流行には乗れませんが、またいろいろやってみたいのはあります!一緒に楽しんでもらえて教えてもらえたらうれしいです。

何でも食い付いていきたい好奇心だけは旺盛です。またいろいろ教えて下さいね。
楽しみにお待ちしています!
2007/03/07(水) 03:46:41 | URL | ROSE‐X #dGJqgw5k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rosexxx.blog66.fc2.com/tb.php/158-beedb45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。