FC2ブログ
xxx
えっちでセクシーな♂♂にこだわったカオスなレビューやぼやきのエログです。ボーイズラブからゲイビデオまでいろいろ取り上げてますんで適当に踏み分けてね。18禁作品があるのでここも18歳未満は見ちゃだめです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【BL小説】秘密
秘密 秘密
木原 音瀬 (2007/04/21)
蒼竜社

この商品の詳細を見る

 悪夢を抱え街を彷徨っていた啓太は、杉浦と出会いセックスを条件に泊めてもらう。男と寝たい訳ではなく、啓太は自分のアパートに帰りたくなかったのだ。都合のいい相手でしかなかったが、次第に杉浦の一途さに心が揺れだし…。  

「秘密」とそれに付随する、杉浦と従妹の榎本の関係に焦点を絞った「秘密2」、杉浦と家族の関係を描いた「秘密3」を収録。

Dyslexia(難読症)の杉浦と元彼を殺してしまい、死体を隠している自分の部屋に帰りたくない啓太とが依存していく話。

「秘密」は、不条理でどうしようもなく重いです。ちょっとホラーも入ってるかも。

啓太に一目惚れした杉浦が、啓太のためなら何でもすると尽くして尽くして罪もかぶろうとするのですが、純粋なだけに一方的で強引です。
啓太は啓太で、最初は部屋に帰りたくないからと利用できる相手としてしか杉浦を見ていなく、それぞれ違ったベクトルで自分勝手ですが、掘り下げると心の闇を抱えていて善悪の基準がわからなくなってきます。

単純に純粋なことがいいのか悪いのかはわかりませんが、秘密3で啓太と杉浦の関係が良い形に落ち着いてることが分かりホッとします。啓太が世話焼きだとは思わなかった。

秘密3は杉浦のDyslexiaを家族に理解してもらえず、特に厳格な父親と対立して家族の縁まで切られてしまい、やりきれない気持ちになるなかで、杉浦の純粋な気持ちが家族との関係を修復していく過程が丁寧に描かれていて胸にグッときました。
考え方を簡単に変えることは難しく、不器用なやり方ではあるけれども、最終的に杉浦と家族との距離が少し縮まって啓太との関係だけじゃなく家族の繋がりも描かれており、書き下ろしまであって完結だったと思います。

かなり重い展開なので、明るいのを求めているときに手を出してはいけません。
けれども、BL的にはエッチシーンは杉浦がやたら絶倫のテクニシャンという設定なので、それなりに楽しめたと思います。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
おお~~「秘密」ですね!
表紙見ただけで、怖くて思わず置いてしまいそうな・・・
しかも木原さんだし。

実は私、木原さんは読んでないんです。
BL好きとしては落ち度が高いんで、申し訳ないんですけどね~ ^^;

この作品は色々他のサイトでもコメントとか
言われてますけど、やっぱり重たいけど、いいんだーーー・・・
私は購入してませんけど、買ったものの、怖くてなかなか読めなかったみたいな感想を聞いたりしてました。でも、内容は結構感涙ものだと。

そうなのか・・・ちょっとやっぱり気になってきた。
木原さんて「檻の外」とかそうですよね。
あれもいいという人が多いけど、ちょっと違うという人もいたりしてましたけど・・・どうなんだろう・・・
うむむ。。。読んでみようかな~
木原作品、ちょっと怖いような・・・でも見たいような・・・
このところ、電車通勤で未読本がどんどん消化されてますので、もうなくなって来てるんですよねーーなので、ちょっとなんか物色してみようかと思っていたので、、、
考えてみよう。。。

ところで、全然関係ないんですけど、
つい最近、私は例によってコミックを12冊ほど購入しまして、まだ全部読めてないんですけど、、、新作が半分程でしょうか。
やまねさんの「ファインダーシリーズ」がやっとこせ出て、読みました。相変わらず美し絵柄。ストーリーとしてはもっと進んで欲しいところですけど(だって日数のわりに進度が遅いというのか。まあ、ビブロス大変でしたしね)内容的にはそんな深い味わいとかあんまりないですけど、絵柄でお腹一杯ですね。少し画風に変化が見られましたけど・・・
そして遅ればせで稲荷家房之介さんの「百日の薔薇」を今出ている二巻とも、読みました。
良かったです~~~☆ほんと久し振りに私の中ではヒットでした。絵もお上手で、デッサン力は結構いいのでは。。。
ご存じですか??もうお読みだったらスミマセン。
以下勝手な私の感想です。
主人公二人の「思い」がちゃんと繋がり合っているのに、立場とか、風習、考え方というのか、そういうしがらみみたいなので囚われて、なんていうのか、焦れる。。。上手く言えなくて・・・^^;
お互いが自分の考えを引けないんですよね。ようするに。まあ、仕方ないんですけど。攻(クラウス)は受(タキ)を狂気なぐらい強く求めて、タキはそんなクラウスに体を傷つけられても、両腕で受け止めるようにして深い愛情をずっと根底に持ち続けるんですけど。またそれがねーー・・・・・・・・・いいんです。私的に。
読んでいて明らかにタキはクラウスをすごく愛してるんですけど、、、ね。人間、ずっと培ってきたものとか、そういうのって、なかなかいっぺんには変えられないものです。。。人目もあるし。。。立場ゆえに、ある一定の、それ以上の愛情表現が出来ない。
また、二人を囲む脇キャラもちゃんと人柄が立ち上がってて、いいです。結構脇キャラにしてやられる、ってカンジ。
ちなみにエッチシーンがそんな滅茶苦茶凄くもないんですけど、エッチいんですーーー。小柄なタキを大柄なクラウスが陵辱してるって感じで、やらしい・・・腰のラインとかの書き方がエッチ。好きなんですけどね、私。。。^^;
全体を通して、見せ方が上手です。格好良かったり、緊迫感とか、そのエッチさ加減とか、、、あとタキの表情にガツンと私はイカレました・・・美しいです。私が男だったらきっといっちゃいますね。

タキが抜いた太刀に両腕を後ろ手に括られたクラウスがキスするシーンとかあるんですけど、クラウスはこのまま貫かれてもタキだから満足するんだろうし、その危ない刃でさえ、タキの自分への心情を物語っているというのか、その危うさと怜悧な美しさ、それさえも愛おしいというのか、クラウスにとって、タキへの絶対服従と、愛情。
二人にとっては本当は二人しかいらないし、お互いだけを欲しいんでしょうけど、そうは出来ない。
タキは領主として立場を持ち、
クラウスは祖国を捨ててまで、タキの騎士となり、タキの為だけに、タキの名誉の為だけに戦う。そんな全てを捨てて来たクラウスだからこそ、タキは信じて、強く愛するのでしょうか。だって、ある意味、タキにとっては愛する者の為に祖国を捨てる、そんなことどうしても出来ない。出来るわけがない。例えどんなにそうしたくても・・・。
なんつうのか、きわどくて、強くて、痛いような。でも強い絆。離れられない、そんな愛情ですね。
あ、ちょっとネタバレだったかも。スミマセン。
なんだかやたらと褒めてますけど、私的に気に入ってしまったので。。。まだお読みじゃなかったら、よかったら読んでみて下さいね。

あ、そうそう少し前に吉田秋生さんのこと、書かれてました?私も好きですよ。タイトル忘れたけど、なんか双子?だったっけ?なんか、片方は天才的な研究者の・・・えーっと、、、うわー忘れてる。。。とにかく、あれは良かった。ちょっとBLっぽさもあったし。でもさすがに吉田さんで、ストーリーはしっかりしてました。
あ、今ちょっと前のコメントに戻ったら、「王の男」コメント数が凄く多くなってましたね。びっくりした。「ブロウクン~」も、もりもりなんだ。。。あれもねー、見ようとして見られてないんです。見たいなーー。

ああーまたこんな長くなってる。
そろそろ終わりますね。

ではではまた~~
お邪魔しました。



2007/06/13(水) 03:12:24 | URL | A・N #-[ 編集]
こんばんはです^^
「秘密」やっぱり気になってられましたか~。
自分でも表紙みて気になって迷っていたのですが、木原さんも茶屋町さんも好きなので思い切って買ってみました!ズドンとくる重さですが面白かったです。木原さんです。

>木原さんて「檻の外」とかそうですよね。
そうそうそうです!「箱の中」「檻の外」の人です。これも重たいですが、すごく好きで、もし何か探してられるのでしたらオススメしたいです!

>コミックを12冊ほど購入しまして
大人買いですね~!
「ファインダーシリーズ」教えてもらって気になっているのですが、既に絶版?になっているのか見つけられないのがあって迷っていました。。

稲荷家房之介さん良かったですか~。読んだことがないので一度チェックしてみたいです。
「百日の薔薇」はファンタジーでしょうか?思い切り世界に浸りたいときに読んでみたいです♪ネタバレは余程核心じゃないかぎり気にしないほうなので、またチェックしとけってのがあったら聞いてみたいです。

吉田秋生さん好きでした。「Banana fish」が好きで「another story」まで追いかけたら、あれ?英二お姫様状態?とびっくりしましたが、友情以上愛情未満の描き方が上手いなとはまっていました。
双子の話は「夜叉」だと思います。これもちょこっとBLっぽいのありつつ(実際3Pやってましたね笑)面白かったと思います。ドラマにもなってましたね~。
「王の男」からいろんな映画が知れて楽しんでいました。「ブロークン~」借りてきたんで、教えてもらってテンションも上がってるんで近いうちに見たいと思っていました!
2007/06/13(水) 22:17:30 | URL | ROSE‐X #dGJqgw5k[ 編集]
また来ちゃいました。。。
14日に既に更新してられますが、こっちに
書き込みさせて貰いました~~
またまたお邪魔します。。。

木原さん、ちょっと頑張ってみようかなー。
結構その気になって来ました。
今日もまた一冊小説が終了してしまいました。
まあ、まだ一般小説とか残ってるのがあるんですけど、どうもこの頃、BLばっかり読んでるので、そっちの方がいいかなー。

昨日、某通販で水名瀬雅良さんの、以前絶版になっていたのがあったので、そのコミックと、水壬楓子さん原作で挿絵がやっぱり水名瀬さんの「ファイナルカット」を遅ればせで購入しました。
水名瀬さんご存じですか?前にも一度聞いたかも。
水無瀬さん。絵が綺麗です。好きなんですよね~~^^
今週出た「極上の恋人1・2」の表紙が美しくて、つい本屋のレジで
「うれしい~~」と呟いてしまいました。この方は、どんどん絵が際立って来ているような気がします。去年より、上手くなっている。特に挿絵とか漫画よりも、表紙や扉絵とか、色をつけた方がすごくイイ気がします。
ただ、「極上の恋人」より「ラヴァーズポジション」とか「嘘とキス」とか
の方がストーリー的にはイイかも知れませんが・・・
とにかく、読み残っている小説がなくなって来てるので、つい「ファイナルカット」買っちゃったんですけど。。。木原さんも興味あるので、次は是非買って読んでみますね。いきなり「秘密」で行けるかな~^^;
「檻の外」「箱の中」の方がいいのだろうか???

吉田秋生さんの、そうです!「夜叉」でした。
ドラマにもなってたんですね。それは知らなかった。ストーリーがしっかりしているから、ドラマもいけますね。例の友人は吉田さんが好きで、他のも持っているので、やっぱりROSE-Xさんとは好みが合うかも☆

「ファインダーシリーズ」
こちらはここ最近、新装版が出ているので、過去の分もあるかと思います。
ただ、、、物語としてはそんなに突っ込んだ内容ではないと思うので、絵で満腹になるタイプの作家さんだと思います。

「百日の薔薇」
こちらはファンタジーですね。モデルはあるとは思いますがタキの国は間違いなく「日本」をモデルにしてます。

「ブロークン~」も見たいしな~~
困ったものです~~

ってまた長くなってますねー^^;
そろそろ終わります。
ではまたまた~~
2007/06/15(金) 00:19:19 | URL | A・N #-[ 編集]
いつでもお待ちしています!
このブログは記事も統一性がないので、どこからでも使い勝手のいいところ使ってくださいね~。

木原さん好きなんですが、個性が強い作家だと思うのでひとまず一冊読んでみられるのが一番よく雰囲気がわかりそうです。←結局勧めてるw
どっちかっていうと「秘密」より「箱の中」「檻の外」のほうが好きです。秘密はトリックがちょっと甘いところがあって、、、でも気になられてるようでしたら木原節を楽しめると思います。

すごい購入リストも順調ですね。何でもドキドキすることが出来るっていいことだと思います。
水名瀬雅良さんも一度読んでみたいなぁ~。

夜叉のドラマは見ていないのですが、伊藤英明が静と凛の役で、どうなんだろう??と思ってました。吉田秋生さんは新作追いかけたりはしてないですが、一時はまっていくつか集めてました。お友達の方とも好きゾーンが似てるのかなとなんだか嬉しいです。

「ファインダーシリーズ」新装で出てるのですか。探し方が甘かった。。だったらあるはずですよね。気を付けて探してみます!

ではでは、いつでもどこからでも遊びに来て下さい~。
2007/06/16(土) 00:06:39 | URL | ROSE‐X #dGJqgw5k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rosexxx.blog66.fc2.com/tb.php/222-fa0b2a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。